ここはレインフォレスト・アライアンスの事業者向け情報サイトです。レインフォレスト・アライアンスの活動内容、寄付方法、認証製品についての詳細は、グローバルサイトをご覧ください »

x

認証

レインフォレスト・アライアンスは、森林管理協議会(FSC)の森林管理認証機関として世界最大規模を誇り、過去25年以上の認証経験を有しています。これまでに70カ国以上で、小規模な事業主から、地元住民の地域共同体、フォーチュン500企業まで、あらゆる種類の森林を担当してきました。

レインフォレスト・アライアンスは、1989年に「スマートウッド」プログラムを立ち上げて、世界初の林業認証制度を策定し、市場の力を利用して森林保護に努める初の組織となりました。また、世界の林業基準を率いる団体として最も高い定評を誇る森林管理協議会®(FSC®)の創設メンバーにもなりました。現在、レインフォレスト・アライアンスは、FSCの最大認証機関となっていて、FSC基準に照らした地域共同体や現地業務の最多認証件数を誇っています。

この世界的な高い専門性に加えて、レインフォレスト・アライアンスでは、次のようなメリットをもたらしています。

透明性と信頼性:独立した立場から透明性をもって活動する定評ある非営利環境保護団体と協力することにより、企業や組織は、持続可能性に対する取り組みの信頼性を、さらに効果的にコミュニケーションできるようになります。

レインフォレスト・アライアンス認証マークの使用:レインフォレスト・アライアンスを通じてFSC認証を受けた企業や組織は、FSCのトレードマークに加え、レインフォレスト・アライアンス認証マークを認証製品や販促物に使用することができます。

現地で必要な知識:レインフォレスト・アライアンスは、現地事務所のネットワークを通じて、地元や地域の問題に精通しています。

認証に向けた実践的なアプローチ:FSC認証とレインフォレスト・アライアンス認証マークの使用に関する要件を、企業やそのサプライヤに伝えたうえで、認証のための評価プロセスが厳密かつ効率的に進むよう、支援します。

レインフォレスト・アライアンス認証をすでに取得された企業や組織の方は、こちらからメンバー専用サイトにログイン(英文)して、トレードマーク承認などの専門情報をご覧いただけます。

ご質問は、スマートウッド担当者までお問い合わせください。

詳細を見る

なぜ認証を受けるべきなのでしょうか?
FSC認証製品は、どこで見つけられますか?

FSC認証企業と認証製品の全リストは、FSCの認証データベース(英文)でご覧になれます。

FSC認証製品を販売している米国内の小売店を探すには、FSC USのオンラインデータベース(英文)がお勧めです。そのほかの国については、FSCの認証製品と認証企業に関するレインフォレスト・アライアンスのガイド(英文)をご覧ください。

FSCとレインフォレスト・アライアンスの「スマートウッド」は、どのような関係にあるのですか?

FSCは、ドイツのボンに本部を有する国際組織で、世界的な森林管理基準とCoC(チェーン・オブ・カストディ)基準を開発し、また独立認証組織の認定を行っています。FSCから認定された認証組織は、FSC認証の評価を行って、基準を満たした企業にFSC認証を発行し、さらに製品や販促物でのFSCトレードマークの使用を許可します。

レインフォレスト・アライアンスは、独立した非営利団体で、FSCから認証機関としての認定を受けています。FSCの森林管理認証とCoC認証の評価を手がけているほかに、FSCに関係しない林業、農業、観光業の認証制度や検証制度もいくつか運営しています。

「スマートウッド」プログラムは、レインフォレスト・アライアンスの認証制度で、このプログラムの担当スタッフは、森林管理とCoCの評価を行っています。レインフォレスト・アライアンスでは、何年も前に、独自の林業認証制度に「スマートウッド」という名前を付けました。レインフォレスト・アライアンスが発行するFSC認証には、スマートウッドの略称である「SW」を含んだ認証コード(例えばSW-COC-00XXXX)が与えられます。

レインフォレスト・アライアンスを通じてFSC認証を取得した企業や組織は、FSCのロゴに加えてレインフォレスト・アライアンス認証シールも使うことができます。

レインフォレスト・アライアンスは、なぜFSCを支援しているのですか?

レインフォレスト・アライアンスがFSCを支援する理由としては、以下のような点が挙げられます。

  • FSCは、責任ある林業の世界的な基準として、最も広く認識され、高く評価されています。レインフォレスト・アライアンスは、FSC認定の認証組織として、熱帯、温帯、亜寒帯といったあらゆるタイプの森林を対象に活動しています。天然の森林だけでなく、プランテーションや大規模商業林、小規模な家族経営の森林、地域共同体が運営する森林など、あらゆる種類、あらゆる規模の森林をFSC基準に照らして認証しています。
  • FSC認証には、透明性の高いCoC(チェーン・オブ・カストディ)の義務付けが含まれているため、FSC認証を受けた製品は、原産地まで出所をさかのぼることができます。FSCの厳格なCoC基準(英文)は、林産品が違法な森林伐採から来ていないことを示す最大の保証です。このことは、他の基準にはないFSCの最大の特徴のひとつとなっています。
  • 認証森林の製品には、材木、紙、家具、床材、楽器のほか、メープルシロップやブラジルナッツなど、非木材の林産品が含まれています。
  • FSCでは、森林管理認証の報告書(英文)をすべてオンラインで公開しているため、林業の影響を受ける関係者全員に完全な透明性がもたらされます。
  • FSCでは、認証取得者全員を対象に、現場の実地監査を年1回義務付けることで、継続的なコンプライアンスと改善を確認しています。
  • FSCの基準は、社会的な問題にも触れることで、経済的・文化的な理由から、またはレクリエーションとして森林を必要としている人々のニーズに応えるようにしています。
  • FSCの基準は、あらゆる関係者からの意見や提案を取り入れて策定されました。このため、社会、経済、環境面の様々な利益が盛り込まれています。
  • FSCは、企業、環境保護団体、労働組合など、世界各地の様々な利害関係者から幅広い支持を受けています。

レインフォレスト・アライアンスでは、独自の「スマートウッド」プログラムを通じて、独立監査、認証、さらにFSC認証製品の販売促進を行っています。その目的は、責任ある林業を実践する企業に対して経済的なインセンティブをもたらし、森林管理のあり方を改善することにあります。世界各地にある事務所やパートナー組織を通じて、レインフォレスト・アライアンスは、グローバルに現場での実地認証を提供することができます。

認証費用はどのくらいかかりますか?

監査の範囲や複雑さによって、費用は大幅に異なります。また、認証を受ける企業の所在地によっても異なります。正確な見積もりをご希望される場合は、申込書にご記入のうえ、最寄りのレインフォレスト・アライアンス「スマートウッド」地域事務所へお送りください。申込書を記入することにより、何らかの義務が生じることはいっさいありません。会社についての情報と評価の対象を知って費用のお見積もりを出せるようにするのが、この申込書の目的です。詳しくは、スマートウッド担当者までお問い合わせください。

認証費用は、現場評価に必要な監査時間、報告書作成、および監査担当官の旅費に基づいて算出されます。このほか、スマートウッドでは、監査報告書の技術的な評価を行う必要があり、さらに、業務管理、データ管理、トレードマーク審査などの事務に必要な時間も加算されます。初期の評価に続いて、FSCでは、毎年の監査にAAF(認証管理手数料)を課しています。

サービスに対する支払いは、どの段階で発生しますか?

評価の場合は、事前に総額をご請求させていただきます。現場訪問までに、この請求額をお支払いいただく必要があります。「スマートウッド」では、利害相反の懸念を排除するために、この方針を採っています。結果の良し悪しにかかわらず、評価を受ける企業の方には必ず全額前払いをお願いすることで、制度の信頼性を維持することが重要です。監査については、報告書の第1稿をお送りする際に請求書を同封し、その日付から30日以内にお支払いいただきます。

レインフォレスト・アライアンスを通じて、FSC、サステナブル・フォレストリー・イニシアチブ、パン・ヨーロッパ・フォレスト・カウンシルのCoC認証を取得できますか?

レインフォレスト・アライアンスでは、FSC認証を手がけています。FSC認証については、レインフォレスト・アライアンス「スマートウッド」地域事務所にお問い合わせください。

パン・ヨーロッパ・フォレスト・カウンシル(PEFC)とサステナブル・フォレストリー・イニシアチブ(SFI)のサービスについては、レインフォレスト・アライアンスの欧州パートナーであるNEP Conにお問い合わせください。

Search form