生物多様性の保全

森林は、世界の動植物の約3分の2の生息地です。樹木が伐採され、森林が減少すると、これらの生態系に依存している特有の植物相・動物相が絶滅の危機にさらされます。絶滅危惧種を保護し、既に認定されている危惧種はそれ以上ランクを上げないように、森林を保全することは非常に大切です。

私たちの活動

共同体と事業者に、経済的にやっていける森林伐採の代案を提供することによって、私たちは野生生物の生息地や、そこに依存する植物と動物の健康と生存を確認するために手助けしています。

私たちは、ツール、技術支援、トレーニングを提供し、森林及び農業事業者が土壌と水路を保護し、野生生物の数を観察し、渡り動物の通り道を保護し、繁殖地を守り、野生生物の違法売買を禁止しているか確認するため、評価します。

より環境に対し破壊的な選択肢の代案として、共同体による持続可能な観光業の設立を支援します。これらのホテルや観光業者が野生生物と周囲の自然地域の否定的な影響を最小限にできるよう、スタッフや所有者にトレーニングを提供しています。

活動の影響の評価

私たちの活動ができる限り効果的であることを確認するため、定期的に影響力に関する研究を行い評価し、活動方法を継続的に調整します。これらの研究が私たちがどのように野生生物を保護しているか説明しているかご覧ください。

どのように行っているか