業界の変革

レインフォレスト・アライアンスは、大小の企業がすべてのサプライチェーンとしてつながるよう、世界中のあらゆるレベルの業界・事業の変革を援助しています。調達の管理者が、責任ある方法を採用し、基準厳守しているか確認するだけでなく、需要と供給またその反対を結びつけ、生産者、取引業者、卸売者、製造業者、小売者、そして消費者が持続可能な商品のための市場を成長させるよう、活発な結びつきを作り出しています。

私たちの活動と 地元のパートナー、そして世界中の仲間により、持続可能性は、単なる「最良の方法」以上に、長期的な重要性に重きをおく会社のビジネスに不可欠な価値となっています。さらに、私たちは地球にとってよいことと、人にとって良いことの間に共通の背景があると気づきました。私たちのモデルは、将来の経済、そしてすべてのものに対してより持続可能な明日への道を指しています。

責任ある森林のパイオニア

レインフォレスト・アライアンスは、1993年にFSC(森林評議会)の共同設立者となり、それ以来、世界中の7600万ヘクタール(1億8800エーカー)の持続可能な管理された森林と、林産物を製造する何千もの企業を認証してきました。私たちは世界最大のFSC認定の認証者で、共同体経営、及び現地で経営されている企業の認証を最も多く行ってきました。

農業で持続可能な方法を開発

1990年、私たちは中米でバナナ農園の持続可能な農業基準を開発し始め、それは、世界的な環境保護団体の連合であるサステナブル・アグリカルチャー・ネットワーク(SAN)の設立を促しました。SANは、バナナ、かんきつ類、コーヒー、カカオ、切り花、果物、さとうきび、茶、さらには持続可能な畜牛を含む100以上の作物の栽培についての規準を管理しています。今日、世界中で73万5千以上のレインフォレスト・アライアンス認証農園があり、総面積は約200万ヘクタール(500万エーカー)に上ります。

旅行業の環境に対する配慮を進める

私たちは7000以上の旅行業者に、廃棄物の減少、エネルギーと水の使用の減少、従業員への健康配慮と安全性の訓練の提供、共同体の経済的福祉への貢献など持続可能な方法についてトレーニングを提供してきました。2011年、私たちはツアー・オペレーター・プロモーティング・サステナビリティ(TOPS)を開始しました。これは自分たちのやり方を持続可能にするだけでなく、同様に行うホテルの所有者や納入業者と取引することを約束するツアーオペレーターのネットワークです。

市場占有率

世界のバナナの15%以上がレインフォレスト・アライアンス認証農園で育てられています。以下は目覚ましい結果の例です。

  • チキータのバナナ農園は100%レインフォレスト・アライアンス認証です。
  • マーズは世界最大のチョコレートメーカーの一つであり、2020年までにすべてのカカオを認証を受けた持続可能な供給元から調達すると約束しました。
  • ユニリーバは、世界の紅茶の12%にあたるリプトンのティーバッグのすべての茶葉の調達元を、2015年までにレインフォレスト・アライアンス認証茶園にすると公約しました。
  • フォーチュン誌の選ぶ500社の5%がレインフォレスト・アライアンス認証の商品を購入しており、ウォルマート、コストコ、ホールフーズ、マークス&スペンサー、セイフウェイ、ホームデポ、サムズクラブ、ステイプルズ、ローウズなどの大手小売店で購入できます。

経済的利益