私たちとの協働に興味のある事業者、あるは既に行っている事業者は、私たちの事業者向け情報サイトをご覧ください»

x

労働者の権利

13億人近くの人が1日1.25USドル(約110円)以下の稼ぎのため、雇い主による搾取に対して弱くなり、安全でない労働条件に我慢を強いられる可能性があります。そのためレインフォレスト・アライアンスは、貧困に陥った個人や共同体が天然資源を保全しながら、彼らの権利を守り持続可能な生計が得られるよう活動しています。

認証農園は、よりよい労働条件と、より強い安定性を提供します。

  • 中米でもっとも貧しい国ニカラグアでは、SAI1 (Social Accountability International) の研究によると、農園での社会的影響を調査したところ、いくつかの地域で認証農園は非認証農園より効率がよいことが判明しました。
  • コート・ジボワールの認証農園と非認証農園の調査によると、レインフォレスト・アライアンス認証の農園主の90%が、認証取得の手続きを始めてから経済状況が改善されたと答えました。2

認証林業事業における、より高い賃金、よりよい訓練とより安全な労働条件

私たちのパートナーグループであるブラジルのイマフローラが、FSC/レインフォレスト・アライアンス認証の林業事業を比較したところ、認証事業は非認証事業に比べて賃金、訓練、安全性の手順や他の重要な事項に関して優れていました。3

世界遺産近くの森林労働者と共同体への認証による利益

ユネスコ世界遺産近くにあるFSC/レインフォレスト・アライアンス認証林の2011年の調査結果によると、彼らは賃金、安全性、労働条件などの問題に取り組み、地元での調達や雇用を通して、周囲の共同体の生活力の促進を援助しています。

社会的利益

  1. SAIによるRA/SAN認証コーヒー労働者の社会的影響の計測 –2010年実施のレインフォレスト・アライアンスに対する専門報告

  2. J. Potts, M. Bennett, D. Giovannucci, A. Russillo, C. Wunderlich and D. Cuming, コートジボワールのレインフォレスト・アライアンス認証カカオ農園COSA 持続可能性の分析。レインフォレスト・アライアンス概要報告、2010年COSA(持続可能性評価委員会)報告(この報告書の概要はこちら http://www.rainforest-alliance.org/publications/evaluating-rainforest-alliance-certification-on-cocoa-farms-in-cote-divoire.)

  3. イマフロラ「認証は違いを生むか?ブラジルにおけるFSC/SAN認証の影響評価研究」2009年 http://www.imaflora.org/downloads/biblioteca/Does_certification_make_a_difference.pdf.

 

Search form