レインフォレスト・アライアンスとUTZの合併

レインフォレスト・アライアンスとUTZ(コーヒー、ココア、茶における、率先する認証プログラム) が合併する方針を発表しました。法律的な手続きを終え、新しい組織の構築を2018年1月に開始する予定となっています。新たな組織はレインフォレスト・アライアンスという名前を受け継ぎます。

合併に関する質問と回答は以下の通りです。

全般

認証手続

企業

農家及び農業事業者

認証機関

サステナブル・アグリカルチャー・ネットワーク

合併する理由は何ですか?

レインフォレスト・アライアンスとUTZが合併するのは、森林破壊、気候変動、系統的な貧困及び社会的な不平等といった人類が直面している問題に対応するためです。両者の強みを合わせることで、これらの問題に効率的に応えられる影響力を発揮できる立場となることがわかりました。

私たちの使命は自然が保護されており、多様な生き物が栄え、農家や農業労働者たち、そして地域社会が繁栄し、持続可能な土地の使い方と責任ある事業を展開する事が基本、というような未来を作り上げていく事にあります。私たちは、人々と自然が調和して成長する世界を思い描いています。

^ ページ上部に戻る

ただ協力するのではなく、完全に合併するのはどうしてですか?

両組織は持続可能な農業への多大な影響力及び認証事業の推進について長い歴史を持っており、それぞれ違う分野や地域で強みを持っています。レインフォレスト・アライアンスは責任あるサプライチェーンを推進するブランド価値と効果的な景観・地勢保全の専門知識をもたらします。UTZ は持続可能なバリューチェーンの拡大において実証された成功を収めています。私たちは一緒になることでより大きなリーチと強い声を生み出し、より多くの影響力を生み出すことができます。

別々の組織として協力するよりも完全に合併することで、我々の組み合わさった才能や、経験、可能性を個々の使命に集中することができます。それぞれ持っている強みを合わせることで、どちらかの組織が単独で行ってきた以上に、幅広くかつ深みのある影響力を持つ組織を構築することができます。

^ ページ上部に戻る

なぜ今なのですか?

気候変動。干ばつ。地方における貧困。森林破壊。世界の喫緊の課題に取り組むには、持続可能性を謳う組織は絶えず進化・革新していかなければなりません。 私たちが直面する緊急の危機に対して、実証済みの解決策がありますが、これらの解決策には、企業や政府、農家、森林共同体、そしてもちろん私たち一人ひとりの大胆かつ効果的な協力が必要です。 我々は、レインフォレスト・アライアンスとUTZという2つの組織が、業界や景観を変革させる実証済みの記録を持っているため、現時点で力を合わせることによってこの変革を最大限に拡大して加速することができると信じています。

^ ページ上部に戻る

認証事業が後退しているから合併するのですか?

いいえ。認証事業が人気を増し続けているからこそ、独立した厳格な第三者による監査や保証、トレーサビリティが重要になってきます。一つの組織として、引き続き認証事業を率先してまいります。活動する地域も拡大し声も大きくなるということは、農業及び森林共同体、企業、消費者、そして何より私たちの地球にとって大きな利益を意味します。認証システムの向上、それを支援する技術や研究へのさらなる投資、この分野における革新の継続をお約束します。

^ ページ上部に戻る

節約のために合併するのですか?

いいえ。我々は同一の使命があるため合併するのです。合併することにより、我々は影響力が拡大し効率が増します。力を合わせることで、我々が提供しているサービスの革新に専念し、新しい技術へ投資し、人間と自然が共存して繁栄できる世の中を作り上げるのに必要な方針変更を提唱できるようになります。

^ ページ上部に戻る

片方の組織がもう片方の組織を買収するのでしょうか?

いいえ、対等合併です。

両組織は合併に至るまでレインフォレスト・アライアンスが30年間、UTZが15年間、農業や森林共同体、企業、消費者、そして地球にとって肯定的な影響を提供してきた実績を持つ強い立場から合併に近づいています。 両組織が並行して作業を続けることもできましたが、一緒になることでさらに良くなると知っているため、この一歩を踏み出しています。

両組織のすべての理事が新たにできる理事会の理事となり、アムステルダムとニューヨークに二つの事務所を構えることになります。新しい組織の名称はレインフォレスト・アライアンスとなり、UTZのハン・デ・グルートが新CEOとなります。レインフォレスト・アライアンスの現代表のナイジェル・サイザーは、新しいレインフォレスト・アライアンスのプログラム最高責任者となります。

^ ページ上部に戻る

新しい組織の使命は?

自然が保護されており、多様な生き物が栄え、農家や農業労働者たち、そして地域社会が繁栄し、持続可能な土地の使い方と責任ある事業を展開する事が基本、というような未来を作り上げていきます。私たちは、人々と自然が調和して成長する世界を思い描いています。

どのようにしてその目的を達成するのか。より持続可能な世の中を作り上るため、企業や行政、農業及び森林共同体、学者、市民社会を融合していきます。皆が力を合わせ、農地を回復し、森林を保全し、持続可能な生計手段を支え、気候が不安定な地域の順応性を向上し、商取引の方法を変革させ、サプライチェーン革新を推進し、前向きな変化に消費者を巻き込んでいきます。

^ ページ上部に戻る

新しいレインフォレスト・アライアンスは、林業活動を続けますか?

はい。レインフォレスト・アライアンスの幹部は、引き続き林業及び森林破壊対策に熱心に取り組みます。新しいレインフォレスト・アライアンスは、共同体の社会事業イニシアチブ、研修や技術支援事業、森林破壊のないサプライチェーンを導入しようとする企業に提供する保証及び供給サービスを通じ、持続可能な林業を引き続き推進していきます。新しいレインフォレスト・アライアンスは、優先地域並びに部門における森林保全に向けた政策や立法活動を促進できるように支援していきます。そして最後に、新しいレインフォレスト・アライアンスは、厳しい研修及び責任ある林業に対する技術支援を含む、統合された持続可能な地勢開発のプログラムを継続します。

^ ページ上部に戻る

レインフォレスト・アライアンスは、持続可能な地勢開発事業や研修・技術支援プログラムのような、認証事業に含まれない事業や計画を継続しますか?

レインフォレスト・アライアンスは持続可能地勢開発事業、及び研修・技術支援プログラムを継続します。これらの事業はレインフォレスト・アライアンスの自然資源保全や生計手段改善戦略の中核となります。長年進めてきたこれらの事業を、改善した強力な認証システムにより効率的に取り込むことを目標にしており、それが今回の合併の最も刺激的な側面の一つと捉えています。

^ ページ上部に戻る

新しい組織の名称は?

組織は、世界の中で数多くの重要な消費者市場において知名度が高く、合併で失いたくない重要な財産と捉える「レインフォレスト・アライアンス」という名称を受け継ぎます。この財産と、企業や業界との取り組みに関するUTZの豊富な経験を組み合わせることで、新しい組織として、より成長し強くなることができます。

^ ページ上部に戻る

CEOは誰になりますか?

現在、UTZのエグゼクティブ・ディレクターであるハン・デ・グルートが、レインフォレスト・アライアンスのCEOになります。レインフォレスト・アライアンスの現代表、ナジェル・サイザーが新たに出来る組織の支援・生産地・生計プログラムを担当する最高責任者になります。新しいレインフォレスト・アライアンスは引き続き非政府・非営利組織として活動していきます。

^ ページ上部に戻る

本部の所在地はどこになりますか?

新しい組織には統一した本部事務所はありません。二か所の主要な事務所はアムステルダムとニューヨークにありますが、世界的な事業展開を行います。

^ ページ上部に戻る

新しい認証プログラムを策定しますか?

はい。2019年に現行のUTZとレインフォレスト・アライアンスの最良のシステムの上に新しい認証プログラム策定し、公開する予定です。中には、生産者向けの新しい基準及びCoC(生産・流通・加工過程の管理)システムが含まれます。また、認証農園産原料を使用する企業向けに、料金体系・表示指針を更新します。

^ ページ上部に戻る

新しい認証プログラムはどのように策定しますか?

2018年は新しい組織を構築し、広範囲に及ぶ全関係者との協議手順を完了させるのに専念します。UTZラベルの先行き、料金体系、表示指針、マーケティング手法を含む、新組織の独自性や企業に提供する価値に関する協議を行い、ISEALの要求事項に従った基準策定に関する本格審議も実施します。更に、新しい認証プログラムへの移行をいかに最善の形で進めるかについて協議を行います。

^ ページ上部に戻る

UTZのラベル及びレインフォレスト・アライアンスのマークの先行きは?

数多くの主要市場において消費者の間で知名度が高いレインフォレスト・アライアンスのロゴとマークを引き続き使用し、それに投資する予定です。UTZラベルの先行き、料金体系、表示指針、マーケティング手法を含む、企業への価値提供を発展させるために一連の市場調査及び協議を実施します。

協議の結果によらず、レインフォレスト・アライアンス認証あるいはUTZ認証で認証された物品を仕入れる企業が新しいシステムに移行できるようにきめ細かく案内していきます。UTZ認証物品を仕入れる企業は新しい認証プログラムが公開される2019年以後も最低3年間引き続きUTZラベル使用承認申請ができます。必要な段取りを実施するのに十分な時間もった移行期間は、企業に細かく案内していきます。

ラベルの互換使用は禁止です。UTZ認証の原料はあくまでもUTZとして販売もしくは表示し、レインフォレスト・アライアンス認証の原料はレインフォレスト・アライアンス認証として販売もしくは表示をすることができます。

^ ページ上部に戻る

これからどのような作物を取り扱いますか?

2018年に新しい組織の戦略を策定する時に決定します。

^ ページ上部に戻る

レインフォレスト・アライアンスのマークが引き続き利用されるのが確実なのに対し、UTZラベルの先行きが不透明なのはなぜでしょうか?

新しい組織は、レインフォレスト・アライアンスという名称をもち、レインフォレスト・アライアンスのマークに投資を続けることを決定しました。これは、失いたくなかった貴重な財産であるその知名度を考慮に入れ、決断に至ったものです。

しかしながら、両システムの最善を尽くした新しい認証プログラムを策定していくので、UTZラベルの先行き、料金体系、表示方針、マーケティング手法を含む幅広い話題に関する決定内容は関係者と協議し、市場調査の結果を踏まえ告知する考えです。

^ ページ上部に戻る

監査は誰が実施するのですか?

私たちの貴重なパートナーである独立認証機関と協働する、これまでのやり方を維持していきます。

^ ページ上部に戻る

UTZとレインフォレスト・アライアンスのプログラムやラベル表示は、今後交換可能でしょうか?

いいえ。UTZ及びレインフォレスト・アライアンス認証プログラムは、2019年に新しいプログラムを公開するまで別々で並行に実施されます。つまり、UTZ認証の原料はUTZ認証としてのみ販売、仕入れ、表示され、レインフォレスト・アライアンス認証の原料はレインフォレスト・アライアンス認証としてのみ販売、仕入れ、表示することができるという意味です。

^ ページ上部に戻る

なぜ、基準の相互承認、交換可能なロゴ等の暫定的な取り決めはされないのですか?

2019年に発足する予定の新しい基準及び体系の策定に注力したい考えです。暫定的な取り決めはエネルギーを奪われるので、非常に限られたものになるでしょう。

^ ページ上部に戻る

レインフォレスト・アライアンスに協力し、レインフォレスト・アライアンス認証原料を仕入れる企業にとって、今回の合併は何を意味していますか?

現行のUTZ及びレインフォレスト・アライアンスのプログラムは、新規の認証基準が公開され、2019年に認証プログラムが実行されるまで並行に進められます。既にレインフォレスト・アライアンス認証原料を仕入れている場合は、そのまま続けてください。今後もレインフォレスト・アライアンスの「緑カエルマーク」を利用し投資も続けますが、2019年以後の新規認証プログラムがレインフォレスト・アライアンスの既存の認証プログラムと合致しない可能性があります。

その代わり、新しいプログラムはレインフォレスト・アライアンス及びUTZ両者のプログラムを合わせ、その最も優れたものを基本として策定されます。変更になる事もありますが、その内容は2018年に発足する広範囲な協議手順の際にお知らせします。貴社やその他の関係者から得た情報を基に、料金体系、表示方針、マーケティング手法を含む価値提供を充実させます。2019年に新規の認証システムを公開する時、新しいシステムにスムーズに移行できるよう企業や農家に十分な猶予を差し上げます。

^ ページ上部に戻る

両方の基準に従い認証を受ける必要はありますか?

いいえ。UTZ及びレインフォレスト・アライアンス認証プログラムは、新しいプログラムが公開される2019年まで別々で並行に実施されます。

^ ページ上部に戻る

UTZから仕入れて、レインフォレスト・アライアンスのマークを貼る若しくはその反対でも可能ですか?

いいえ。新しいレインフォレスト・アライアンスのプログラムが発足するまでは、UTZ認証原料はUTZ認証としてのみ販売、仕入れ、表示がされ、レインフォレスト・アライアンス認証原料はレインフォレスト・アライアンスとしてのみ販売、仕入れ、表示がされます。

^ ページ上部に戻る

現在、レインフォレスト・アライアンスが適用している30%のルールは、2019年以降も新しいプログラムに盛り込まれますか?新規のプログラムはUTZまたはレインフォレスト・アライアンスのマスバランス規定が適用されますか?

マスバランスに関する特定の規定は2019年に公開される新しいシステムを策定する前に、市場調査及び関係者との協議を行った結果を基に確立します。

^ ページ上部に戻る

連絡を取る方法はこれまでと同じでしょうか?

はい。当面は変わりありません。これまで通り連絡を取っていただけます。

^ ページ上部に戻る

レインフォレスト・アライアンス認証を受けた農家です。どうすれば良いでしょうか?

これまで通り、レインフォレスト・アライアンス持続可能な農業基準(旧名2017 SAN基準)に従い続けてください。2019年に新しい認証プログラムを公開します。新しいプログラムへの移行についてはきめ細かにご案内します。

^ ページ上部に戻る

UTZ及びレインフォレスト・アライアンス、両方のプログラムで認証を受けている農家です。どうすれば良いでしょうか?

これまで通り、二つのプログラムに引き続き従っていってください。過渡期の間はUTZ認証農産物をレインフォレスト・アライアンス認証として、またはその反対で販売することはできません。両プログラムはまだ別々のものです。

新しい基準、及び認証プログラムは2019年に公開します。新しい基準は現行のUTZ基準及びレインフォレスト・アライアンス基準、両方に相違するものとなります。新しい認証プログラムが公開されれば、監査が二つのところを一つで済むという恩恵が得られます。

^ ページ上部に戻る

UTZ認証農産物をレインフォレスト・アライアンス認証のものとして、またはその反対で、販売しても良いですか?

いいえ。UTZ認証農産物はあくまでもUTZ認証として、レインフォレスト・アライアンス認証のものはレインフォレスト・アライアンス認証として販売します。当面は両プログラムが並行で実施され続けます。

2019年には、統一した新規の認証プログラムを公開します。新しい基準は、現行の両基準のいずれとも相違するものとなります。

^ ページ上部に戻る

UTZのものをレインフォレスト・アライアンスのものとして販売させてもらえないのはどうしてですか?

暫定の取り決めを結ぶよりも、2019年に公開となる新しい認証プログラムに注力しようと考えています。

^ ページ上部に戻る

初めて認証を受けようとしています。現時点で、UTZとレインフォレスト・アライアンスのどちらを選択すれば良いですか?

現時点から2019年までの間、あなたにとってより良いプログラムを選択してください。

両システムを組み合わせる新しい認証プログラムを2019年に公開し、その時にきめ細かに案内しますが、現時点では詳細が決まっていません。新しいシステムは、現行のシステム両方を変更する形で策定していきます。

^ ページ上部に戻る

農家にとって、新しい基準は比較的緩和したものになりますか、強化したものになりますか?

私たちの目標は、両基準の最高の要素を組み合わせ、影響力、拡張性のある基準を策定することです。これは、必ずしもより厳しくなる、より難しくなるという意味ではありません。農家の生活に好影響をもたらし、生活や職場の地勢を保護しながら、生計を立てるための枠組みを提供するのが我々の焦点です。認証による利点を拡大できるように、基準は拡張性を備えていなければなりません。

^ ページ上部に戻る

新しい基準は今以上に改善・実績に基づくことになるのですか?

UTZ及びレインフォレスト・アライアンスの持続可能な農業基準は、現在、一年目からある一定の適合水準を満たし、以後、数年にわたり継続的に進捗し続けることを必要とする基準に基づいています。新しい基準では現行の両方から最良な要素を取り、進捗の評価を如何に強化できるかということも検討してきます。ISEALの要求事項に従い、2018年は新しい基準の策定に関し本格的な協議を行います。

^ ページ上部に戻る

新しい基準は農園全体に適用されますか、または作物別に適用されますか?

この点は今後詰めることになり、2018年に実施される協議の対象になります。

^ ページ上部に戻る

監査は誰が行うことになるのですか?

当面は今までどおり同じ認証機関まで連絡を入れ、監査の申込手続を行ってください。今後とも連携先の独立認証機関と協力していきます。

^ ページ上部に戻る

将来的には、認証された農産物への需要に変動があると思いますか?

UTZ及びレインフォレスト・アライアンスのプログラムを合わせ、2019年に新規の認証プログラムを公開します。つまり、片方を採用している今と比較して合併後は認証を受けた原料の市場が拡大する可能性があるのです。

^ ページ上部に戻る

新しい基準について意見を述べるにはどうすれば良いでしょうか?

2018年は新規の基準策定について各関係者グループが参加できる世界的な協議を行います。この協議について後ほど、こちらから連絡を差し上げます。

^ ページ上部に戻る

認証機関にとっては今回の合併はどのような変化をもたらしますか?

レインフォレスト・アライアンスの認可を受けた認証機関は引き続きレインフォレスト・アライアンス持続可能な農業基準(旧名2017サステナブル・アグリカルチャー・ネットワーク基準またはSAN基準)に則り監査並びに認証を行います。UTZより認可を受けた認証機関はUTZ基準に則り今までどおり監査を行います。両システムに従い監査を行う権限を付与された認証機関も同様です。認証機関は権限を付与された前提で、レインフォレスト・アライアンス農業基準とUTZ基準のどちらかに則り監査を行えます。

レインフォレスト・アライアンスの認証機関RA-Cert は引き続き認証機関として機能します。レインフォレスト・アライアンスとしては体制の信頼性及び透明性の擁護に尽力し、RA-Cert の独立性及びレインフォレスト・アライアンス認証プログラムの統合性を更に向上するための追加の手段を取っています。

^ ページ上部に戻る

認証機関はどのような手続きをすれば良いでしょうか?

当面は、認証機関は今までと同様に引き続き監査を行います。UTZより認可を受けた認証機関はUTZ基準、レインフォレスト・アライアンスより認可を受けた認証機関は2017レインフォレスト・アライアンス持続可能な農業基準(旧名:SAN基準)に則り、監査を続けられます。

2019年に新しい認証プログラムを公開します。連携先の独立認証機関と引き続き協力していきます。あなたの顧客より質問が上がった場合、UTZ及びレインフォレスト・アライアンス認証プログラムは、今後数年、今まで通りであることを伝えてください。

^ ページ上部に戻る

新しい組織は現在、UTZ及びレインフォレスト・アライアンスが協力している認証機関と協力し続けますか、あるいはその数は減らされますか?

2019年に新しい認証プログラムを公開します。私たちは連携先の独立認証機関と協力し続けます。認証機関との具体的な協力体制は今後詰めることになりますが、何か変更があった場合、余裕を持って告知します。

^ ページ上部に戻る

新しい組織は新しい認証機関からの申請を歓迎するのでしょうか?

この点はまだ明確にはなっていません。今後どう進めていけば良いかというのを把握するため、現時点ではUTZ及びレインフォレスト・アライアンスによる認証機関の承認管理体制を見極めているところです。

^ ページ上部に戻る

UTZにより認可を受けた認証機関はレインフォレスト・アライアンス・SANの名若しくはその反対で監査を行うことはできますか?

いいえ。認証機関の認可状況は変わりません。片方のプログラムで認可を受けていても、自動的に両方のプログラムで監査ができるようになるわけではありません。

^ ページ上部に戻る

2019年以前に、認証機関は合同監査を実施することはできますか?

合同監査の認可を受けているならば、引き続き実施することができます。認可を受けていない場合はできません。

^ ページ上部に戻る

UTZ及びレインフォレスト・アライアンスの基準は交互に(UTZで認証された会員が自動的にレインフォレスト・アライアンスの認証を受ける、またはその反対)認証しているのですか?

いいえ。両方のプログラムは並行で存在し続けます。つまり、交互に認証することはないのです。UTZで認証された会員はUTZ認証、レインフォレスト・アライアンスで認証された会員はあくまでもレインフォレスト・アライアンス認証ということです。

^ ページ上部に戻る

UTZより認可を受けた認証機関はレインフォレスト・アライアンスの認可(またはその反対)を申請した方が良いですか?

合併することで、UTZより認可を受けた認証機関にレインフォレスト・アライアンスの認可の申請(またはその反対)を義務付けることはありません。合併した組織は2019年に、新しいっ協定、認証機関の認可及び管理体制を伴った統一した認証プログラムを公開します。詳細は前もって告知しますが、新しい基準にへの移行期を設けます。

^ ページ上部に戻る

合併を受けてどうして良いか分からない農家や企業には認証機関として何と言えば良いですか?

2019年に新しい基準が公開されるまで両システムが並行で存在し続けることを、顧客の農家及びに企業に伝えてください。公開した後は農家及び企業を対象にきめ細かな移行の案内を差し上げます。

^ ページ上部に戻る

認証機関はどのようにして意見を述べることができますか?

認証機関は2018年に行われる関係者協議の時に、新しい基準及び認証システムについて意見を述べることができます。

^ ページ上部に戻る

サステナブル・アグリカルチャー・ネットワークとの関係はどう変わりますか?

レインフォレスト・アライアンスは引き続きSANの会員です。SANは引き続き重要な連携先です。

^ ページ上部に戻る

SANは、レインフォレスト・アライアンスとUTZとの合併を支持していますか?

はい。SANは当初より今回の合併及びそれに伴う好機を支持しています。

^ ページ上部に戻る

SANはレインフォレスト・アライアンス認証過程での役割から、いつ撤退しますか?

SANによる基準の監督は2017年11月で終了しました。基準の管理責任は、SANから無期限な専用実施権を持つレインフォレスト・アライアンスに渡っています。基準の現在名は「レインフォレスト・アライアンス持続可能な農業基準」です。

^ ページ上部に戻る

レインフォレスト・アライアンスとサステナブル・アグリカルチャー・ネットワーク(SAN)の認証システムの受け渡しはレインフォレスト・アライアンス・UTZの合併とどのような関係にありますか?

2017年6月にレインフォレスト・アライアンスは、レインフォレスト・アライアンスという名前とブランドのもと、オランダに本部を構える認証組織のUTZと合併する予定を公表しました。新しく出来る組織は、認証過程を簡略化することで世界中の農家の生計手段を改良し続けるための統一した持続可能な農業基準を策定することを目標に掲げています。この過程の一環として、SANは引き続き認証に焦点を合わせるべきなのか、使命を全うする上でより効果的な手段が無いか、ということを内部で協議し始めました。この結果、SANは世界中の連携先のネットワークをより効率的に活用するために、違う分野へ焦点をシフトさせることを決定しました。

^ ページ上部に戻る

レインフォレスト・アライアンスがレインフォレスト・アライアンス/SANの認証システムの所有権を受けてから、SANの役割はどうなりますか?

詳細については次のページをご覧ください:www.sustainableagriculture.eco.

^ ページ上部に戻る

移行の予定表はどのようになっていますか?

2017年11月15日には業務の移行が完了しました。2017年12月31日をもってSANの責任が終了し、2018年1月1日からレインフォレスト・アライアンスが認証体系の唯一の所有者及び運用者となります。

^ ページ上部に戻る

この変更による流通上の影響は何でしょうか?

レインフォレスト・アライアンスとSANは、プログラムの継続性を確保した詳細な移行計画に従い移行を行いました。両組織は、システムが中断せずに機能し続けるように尽力してきました。

^ ページ上部に戻る

 

 

^ ページ上部に戻る

Search form