レインフォレスト・アライアンス認証が東京2020組織委員会が認める認証スキームとなりました。

2020年3月2日

レインフォレスト・アライアンス認証が、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が認める認証スキームと判断されました。これは、同委員会がレインフォレスト・アライアンス認証の高い価値とそのトレーサビリティ・システムを評価していることを意味します。

レインフォレスト・アライアンスは30年以上にわたり、農村の暮らしを改善し、自然を保護し、責任あるビジネスを新たな標準にするための一助となるよう、認証プログラムを通じた取り組みを始めとした絶え間ない努力をしてまいりました。組織委員会が認める認証スキームへの認定は、この取り組みの重要性、そして東京2020組織委員会の目標である、より透明性がありより持続可能なサプライチェーンの重要性の高まりを強調するものです。

レインフォレスト・アライアンスCEOハン・デ・グルート(Han de Groot)のコメント:「東京2020組織委員会がレインフォレスト・アライアンス認証スキームを認めてくださり、嬉しく思います。これは、農業のサプライチェーンにおけるさらなる透明性とトレーサビリティへの支持を意味します。私たちが依存している土地・森林と私たちの関係を変える必要があります。これは生産者、企業、そして消費者が力を合わせれば可能です。私たちはこの関係を全てにとってより良く機能させることができるのです」。

レインフォレスト・アライアンスは、60か国以上の企業、農業、そして森林が交差する場所で活動する国際的な非営利団体です。人々と自然にとってより良い未来を創ることを目指しています。生産者、森林コミュニティ、企業そして消費者をまとめることで、喫緊の社会的、環境的課題のいくつかに取り組んでいます。

レインフォレスト・アライアンスは、世界が様々な農作物の(特にカカオ、コーヒー、茶類、バナナ、森林製品およびパーム油に着目した)生産、調達そして消費の方法を変えるために活動しています。これらの変化は、認証プログラム、需要に合わせたサプライチェーン・サービス、景観およびコミュニティ活動と支援活動を通じてもたらされます。

2019年には250万ヘクタールの土地がレインフォレスト・アライアンスの農業認証を受けており、130万人以上の認証生産者が、経済的、環境的そして社会的持続可能性の向上のために設計された農園認証基準あるいは団体認証基準のいずれかで認証を受けています。

レインフォレスト・アライアンス認証マークの表示された製品は、160以上の国々で購入することができます。

また、レインフォレスト・アライアンス認証(パーム)に関しても、組織委員会が認める認証スキーム(持続可能性に配慮したパーム油を推進するための調達基準関係)となっております。

参考:東京2020組織委員会が認める認証スキーム(持続可能性に配慮した農・畜・水産物の調達基準関係)

https://tokyo2020.org/jp/games/sustainability/sus-code/authentication-scheme/

この件に関するお問い合わせ先:

レインフォレスト・アライアンス 一倉千恵子

Email: cichikura@ra.org Tel: 090-2732-7875

Search form