レインフォレスト・アライアンスについて

私たちのアライアンス

私たちは、責任ある事業慣行を広めることで、人間と自然にとってより良い未来を創造するためのアライアンスを構築しています。

レインフォレスト・アライアンスは、企業と農業、そして森林が交わる場所で活動しています。様々な立場の協力者をまとめあげることで、人類にとって最も差し迫った社会問題と環境問題のいくつかに対し、深遠な変化をもたらそうとしています。全員で一緒になって、農業生産者や森林コミュニティの声を拡大し、暮らし向きを向上させ、生物多様性を保護し、大胆かつ効果的な方法で気候変動の影響を抑制し、変化に順応できるよう支援しています。

私たちのアライアンスは、あらゆる立場のあらゆる人々の力を必要としています。生産者、企業、消費者と力を合わせることで、人類にとってなくてはならない大地や森林との関係を大きく変化させられます。この関係を、全員にとってより良いものにすることができるのです。

皆と手を組み共に歩くことで、私たちは、人間と自然が調和し繁栄する世界というビジョンを達成することができます。

相互に依存する世界での影響力の拡大

私たちの新しい戦略は、パートナーがサステナビリティの影響力を拡大させられるようサポートするうえでの指針となっています。これには、小規模な農家や森林コミュニティだけでなく、企業や市民団体が含まれ、その活動地域はラテンアメリカ、アフリカ、アジアに広がっています。私たちは、サプライチェーン全体にわたる市場の力を活かして社会と環境と経済に好ましい変化を起こし、気候の安定化にとって欠くことのできない重要な土地に影響を及ぼしています。

インドネシアのカカオ農園でデータを収集するレインフォレスト・アライアンスの研修担当者。 写真:William Crosseインドネシアのカカオ農園でデータを収集するレインフォレスト・アライアンスの研修担当者。 写真:William Crosse

私たちが活動する農林業のコミュニティは、気候変動、森林破壊、農村の貧困という最も急務の課題を抱えた現場の最前線に置かれています。この最前線のコミュニティを支えるベストの方法は、持続可能な暮らしのあり方を中心に据え、その周囲全体に目を向ける360度の包括的なアプローチであることを、私たちはこれまでに学んできました。このため私たちは、構造的な変化を刺激する介入策を互恵的に講じていくことを、戦略の基礎としています。

レインフォレスト・アライアンスは、サステナビリティ認証制度の世界的なリーダーとして定評ある地位を確立しています。認証制度は、土地利用、農園管理、自然資源保全のベストプラクティスを広めるうえで非常に有効なツールとして機能します。しかし、現場で活動しサプライチェーン全体のパートナーと協力してきた数十年の経験を経て、より深遠な変化を起こすには、認証制度をしかるべき環境でサポートする必要があることも分かってきました。このことから、私たちは、認証制度を継続的改善の歩みと位置付けて再構築し、高度なモニタリングの手法と補完的な介入策で支えることにしました。コンプライアンスのみに依拠して適合か不適合かを審査するのではなく、サステナビリティの歩みに沿って進歩の度合いを測定し、改善に対してインセンティブを提供していく認証制度のモデルを新たに導入したのです。

この新しい認証モデルの核を支えているのが、コラボレーションです。私たちは、現地のパートナーと協力して、クリエイティブな戦略をデザインし実践することにより、脆弱な土地を守り、劣化した環境を回復させています。この新しい体制は、農業生産者、農園グループ、農業協同組合、森林コミュニティ、そして現地の事情に詳しい専門家などを巻き込みます。新しい基準と保証のプロトコルを使った建設的なモニタリングを重視します。また、データ分析を活用して、農業生産者の具体的なニーズを評価し、長期にわたって有効性を発揮する介入策を実現します。この結果重視のアプローチにより、私たち自身の継続的改善の歩みも高められていきます。

ブラジルナッツのような材木以外の林産品をサステナブルに生産することで、先住民コミュニティに持続可能な生業がもたらされます。写真はペルーのマードレ・デ・ディオス県にあるブラジルナッツ加工工場。 写真:Mohsin Kazmiブラジルナッツのような材木以外の林産品をサステナブルに生産することで、先住民コミュニティに持続可能な生業がもたらされます。写真はペルーのマードレ・デ・ディオス県にあるブラジルナッツ加工工場。 写真: Mohsin Kazmi

私たちは、非常に重要性の高いいくつかの土地で、新しい認証モデルと並行して、サステナブルな農村事業開発に重点を置いた長期的な保全活動も展開しています。これらの多角的な取り組みは、パートナーのコミュニティによって共同デザインされました。認証に加えて、研修、技術支援、持続可能な融資、官民パートナーシップ、市場開拓支援などを盛り込んだ活動です。

さらに、私たちは、再構築した認証モデルと土地保全の取り組みを支える2つの介入策も同時進行しています。サステナビリティ関連の優先課題を訴え、政策の策定と導入を働きかけるアドボカシー、そして行政と企業からの寄付および投融資の拡大です。また、非常に少数の企業パートナーと協力して、サステナビリティの歩みを導いていくための個別のサプライチェーン・サービスも開発しています。

Search form