お茶

中国で生まれたお茶は、ひと息入れたい時の飲み物として、何千年にもわたって人々に愛されてきました。紅茶や緑茶、そのほか様々な種類のお茶が、世界各地の熱帯・亜熱帯で育つ「カメリア・シネンシス」という同じ植物の葉から作られています。そして、乾燥させて細かく刻んだ茶葉を大量に輸出しているのが、インド、中国、ケニア、スリランカ、インドネシア、アルゼンチン、ブラジルなどの国です。茶葉の栽培地は約240万ヘクタール(600万エーカー)に上り、その多くは「エステート」と呼ばれる大規模な茶園です。

お茶を飲むと体に良いということが広く知られるようになったのを受けて、お茶の消費は増えています。けれども、お茶の生産は消費拡大を上回るペースで伸びているため、結果として過剰供給と価格低下を招いてきました。

他の熱帯作物と同様、コストと利益のバランスにまつわる様々な環境・社会問題が、お茶の生産現場にも見られます。けれども、そのバランスは、ポジティブな方向に変えることができるでしょう。お茶は1年を通じて栽培されるため、それぞれの枝の先端に出る3枚ほどの茶葉だけを入念に摘み取っていく作業者など、多くの雇用をもたらします。重要な雇用主であるゆえに、労働者の賃金、労働組合、住宅、医療、そのほか様々な権利と福利厚生の面で問題を抱えているのも事実です。

また、お茶の生産は、生物多様性に富んだ熱帯の森林を、見た目には美しいけれどもたった1種類の植物しか存在しない場所に変えてしまいます。土壌の浸食、水の供給をめぐる競争、農薬による汚染、茶葉乾燥機の燃料となる薪の需要などが、主な環境問題です。農家は、サステナブル・アグリカルチャー・ネットワーク(SAN)の基準に従うことで、社会・環境面の課題に率先して取り組むことができます。また、レインフォレスト・アライアンスでは、コーヒーやバナナをはじめ他の農作物に見られる実効性の高い基準をお茶に対しても設けるべく、様々な立場の利害関係者が集まる会合をケニアで開催して、意見や情報を集めています。

詳しくは

Search form