気候変動の減少

海面レベルの上昇、異常気象、大洪水など、気候変動は既に劇的な影響をもたらしています。もし今、私たちが何かしなければ、状況はさらに悪くなります。いくつかの現象は自然の成り行きの結果ですが、地球の気温が最も目立って変化しているのは人間の活動、特に大気に温室効果ガスを過度に放出することが理由です。これは、森林伐採、農地転化、サステナブルでない観光業などの副産物です。

私たちの活動

トレーニング、認証、検証を通じて、レインフォレスト・アライアンスとパートナーは、森林を守り、新しい木を植え、持続可能な生計をたて、気候状況の変化に適応するために共同体や事業者を助けます。私たちは、森林管理者、農家、観光事業者に、彼らの資源を保全し、彼らが厳しい環境、社会、経済基準に従っているか確認するためのツールを提供します。

レインフォレスト・アライアンス認証農園では、農家は自分の土地での森林伐採を禁止されています。彼らは、健康的な土壌を維持し、原生の生態系を保全し、エネルギー、水、農薬の使用を減らさなければなりません。その結果、温室効果ガスを減らし、農園の植生の炭素貯蔵レベルを増加します。サステナブル・アグリカルチャー・ネットワーク(SAN)や他の私たちのパートナーと共に、SAN気候モジュール-気候変動の減少と適応に関する基準を開発しました。モジュールの規準は、既にレインフォレスト・アライアンス認証農園に要求されている方法をいっそう効果的にしており、気候変動を減らし対応するために最大の影響があると認められた活動に焦点を当てています。

林業地では、森林評議会(FSC)認証基準が伐木技術、火事の防止や他の方法で、影響を減らすために温室効果ガス減少を導いています。森林保護地域は増加していますが、収穫レベルは一般的にFSC/レインフォレスト・アライアンス認証の土地より低くなっています。さらに、1994年以降に農園に転換された森林は、認証を取得することはできません。

また、森林共同体と持続可能な観光事業の設立のために協働しています。これは、樹木伐採防止の経済的な励みをもたらします。管理教育を通して、既存の事業者がカーボンフットプリントを減らし、植林することを支援します。私たちは、炭素封鎖のための基準を満たしているか確認するため、独立して監査し、植林計画を検証します。

活動の影響の評価

私たちの活動ができる限り効果的であることを確認するため、定期的に影響力に関する研究を行い評価し、活動方法を継続的に調整します。気候変動減少のためにどのような支援をしているかご覧ください。

レインフォレスト・アライアンスの活動

Search form