私たちとの協働に興味のある事業者、あるは既に行っている事業者は、私たちの事業者向け情報サイトをご覧ください»

x

私たちの活動の活動効果の測定:私たちのやり方

レインフォレスト・アライアンスの評価・研究チームは、私たちの活動が生物多様性の保全と持続可能な生活の確保という使命に対して、どのように貢献しているか確認します。活動の影響を評価するために、3つの段階に分けてデータを集め分析します。

Web Approach

最初の段階では、技術支援や認証・検証・確認監査などで訪れた農園、林業事業者、観光事業者、炭素プロジェクトからのプログラム全体の観察データを集めます。一つの事業所で働いている人数、収穫量、地理的な位置、森林保全のための面積などを含めたこれらのデータは、組織的範囲の全体図を作るために集計されます。この段階では、現在進行している事業やサプライチェーン管理の強化を目的として、どのように最良の管理方法が適用されているかを映し出すパターンを決めるデータを集めます。これらのデータは非認証の管理グループとの比較はできませんが、私たちが介入していない状況における、より詳しい調査のためのスタート地点とします。

データ収集の2番目の段階は、私たちと活動している農園、林業事業者、観光事業者の部分集合にあたる、より集中的な標本から抽出します。例えば、水質記録、世帯収入データなど、持続可能性の目的を達成するために直接経過が測れるものです。コート・ジボワールのカカオ農園で依頼した研究に使われていたようなサンプル観察は、認証、検証、技術支援、基準となるデータの集積とその後の追跡調査を必要とします。状況が許せば、データはどの方法が効果的か否かを決定するため、注意深く選ばれた管理グループから選ばれます。現在の方法を使って必要な情報を収集することができない場合、結果レベルの現地データの収集と分析のため、新しく革新的な方法を試験的に実施することがあります。

ピラミッドの頂点は重点的に取り扱う研究で、特別な仮説をテストするため計画され、私たちの成果が長期的な結果につながることを確認するために、研究プロジェクトを組織したものです。この調査の例は現在進行中研究で、インドネシアにおけるカカオの最良の管理方法による世帯生計に対する影響を評価するために調査しています。このタイプの研究は客観性を確実にするために通常第三者によって行われ、レインフォレスト・アライアンスからの情報は、仮説の開発と調査結果の管理と実行指針の解釈のための補助に通常限定されます。 

すべての三つの段階の研究は徐々に、活動の論理的な順序を列挙し、私たちが変化を期待する結果をもたらすレインフォレスト・アライアンスの「変化の理論」によって導かれ、長期的なゴールを達成します。研究は、生物多様性保護と生計への私たちの直接・間接的な影響を調べるだけでなく、「変化の理論」の基礎をなす想定をテストします。それは継続的で組織的な自省と改善を行いながら、研究方法を調整し、私たちの基準を磨かなければならないという情報を私たちにもたらします。

Search form